東栄町のじかん 暮らすように楽しむ 愛知県東栄町観光情報サイト

  • お気に入り
  • 東栄町ってどんなとこ?
  • 旬の特集
  • ホーム
  • ギャラリー
  • ガイドブック
  • アクセス
  • お問合せ
  • MAP
  • 共有

東栄町のじかん 暮らすように楽しむ 愛知県東栄町観光情報サイト

MENU

お気に入り

Search

花祭

2017年10月17日(火)

イベント・お祭り

「テーホヘ テホヘ」と聞こえてくる♪まもなく花祭シーズン到来!

東栄町で毎年11月から3月にかけて各地区で開催される花祭。
国の重要無形文化財に指定されている伝統あるお祭りで、
鎌倉時代から親から子へ、子から孫へと大切に伝承されて来ました。
今回はそんな花祭についてご紹介します!

花祭とはどういうお祭りなの?

奥三河に伝わる「花祭」は、天竜川水系に今も伝わる神事芸能です。
鎌倉時代末期から室町時代にかけて、
700年以上にわたって継承されてきた伝統的なお祭りです。

花祭に強い影響を与えたのは、吉野・熊野の修験道であると言われています。
修験者の修業場所は険しい道で、人跡を絶つほどの深山幽谷の地で
あったことから、奥三河の山河は修験者にとって理想郷であったようです。
そんな奥三河に、ある修験者は東から天竜川をさかのぼり、
またある修験者は西から峰伝いにこの地へ入ってきたそうです。
やがて修験道は、庶民の間にも理解され、次第に奥三河の地に根を張っていきました。
こうした修験者たちから花祭はもたらされたといわれています。

花祭は、昭和51年に国の重要無形民俗文化財に指定され、
東栄町では、毎年11月〜3月の冬の寒い時期に、
八百万の神を勧請し所願成就、厄難除け、生まれ清まりを
夜を徹して祈願します。(地区によっては1日で終わる花祭もあります。)

形態は多様ですが、拍子や舞式等の違いから、大きく「大入系」と「振草系」に分けられます。
また「小林」のように両系統と趣が異なる地区もあります。

真冬の寒い時期に行う理由としては、地中に沈み込んだ精霊を、
呼び覚まし復活させる「再生」の意味が込められています。
修験道がもたらした、この思想がやがて人間の魂の復活を願う
「生まれ清まり」の概念へとつながり、現在の花祭の根本理念となったのです。

【花祭りのスケジュール】http://www.town.toei.aichi.jp/hana/top/top.html

寒い・煙い・眠いの“3むい祭り”!?
それでも見たい!花祭りの見どころ!

やはり一番の見どころは、“鬼の舞”です!
鬼とともに、町の人も観光客も、「テーホヘ テホヘ」と
声をあげながら一体になって体を動かして、お祭りを盛り上げます。

また、クライマックスの“湯ばやし”も見どころのひとつです。
少年4人が藁を束ねて作ったタワシを持って舞い、
釜の中の湯を所構わずに振り掛けます。
そのため舞庭も見物の人もビショビショに濡れますが、
この湯を浴びると病にかからず1年健康に暮らせるという
言い伝えがあり、町の人はビショビショになることを
嫌がらずに歓迎して湯を浴びます。

眠い目をこすり、寒い冬に煙たい煙の中で焚き火で暖をとりながら、
あなたも花祭りを全力で楽しんでくださいね♪

花祭りシーズン直前!「東栄フェスティバル」に行こう!

花祭シーズンの幕開けに先駆け、花祭のダイジェスト版を披露する
東栄町の一大イベント、東栄フェスティバルが
11月3日(祝・金)に開催されます!

今年は、長野県飯田市遠山郷の「遠山の霜月祭り」、
静岡県浜松市寺野の「寺野のひよんどり」、
設楽町貝津田の「貝津田の棒の手」と
三遠南信地域に伝わる伝統芸能が会場に集結しますよ♪

さらに、和太鼓「志多ら」の演奏や、
チェンソーアート実演などのアトラクションや、
東栄町の自慢の特産品や今年グランプリを獲得した鮎
などのグルメも楽しめちゃいます♪

[東栄フェスティバル]
https://www.toeinavi.jp/spots/detail/82/

マナーを守って楽しく参加しよう♪

1. 花祭に参加してみよう!
舞手は神様です。神と一緒に舞うことで「神と人が融合」します。
掛け声や歌ぐらを覚え、体を動かして是非一緒に参加してください。
また、湯ばやしではお湯がかかりますので着替えがあると良いですよ♪

2. 地区それぞれのグッズと食事を楽しもう!
「お見舞」とか「御献餞」と書いて一人2千円以上入れたのし袋を
「会所」に出すと、その地区オリジナルのグッズやお札がもらえます。
また、お酒やけんちん汁、ご飯、漬物なども食べることができます。
地区によってグッズや食事が違うのも楽しみの一つです!!

3. 一力花で自分だけの舞を舞ってもらおう♪
花祭当日に申し込み、献銭をすれば「あなたのための舞」を舞ってもらえます。
自信があれば自分で舞ってもいいです。
「家内安全・子供の成長祈願・無病息災等」の願かけです。
※金額は地区によって違います。

4. カメラをお持ちの方へ
花祭の舞庭は、舞手とセイト集(観客)が主人公です。
最近、カメラやビデオカメラをお持ちの方が増えています。
撮影は禁止されていませんが、舞手の動きを妨げたり、
セイト衆の場所を占領することは、ご遠慮願います。

5. 飲酒運転は絶対に禁止です!
会場では、お見舞いを出した人にお酒が振る舞われたり、
売店でもお酒を売っている地区もあります。
舞手と一緒になって舞ったり掛け声をかける際、
お酒が入った方が気分が高揚し、一体感はより高まるかもしれません。
でも、車を運転する方は、絶対に飲酒はやめてくださいね。

6. 未来の花祭のために…
花祭は年に一度の大行事。主催する集落の費えは、労力・財力ともに大きなものがあります。
祭に寄せられる「花見舞」いわゆる寄付金は、開催経費や伝承活動、
道具の維持などに充てられる、花祭を存続する大きなエネルギーです。
お一人2千円ほど、主旨に御賛同いただける方は
花祭の未来のため、会場の会所にご厚志をいただければありがたいです。

花祭について勉強できるスポット!

■ 花祭会館
https://www.toeinavi.jp/spots/detail/30/
国重要無形民族文化財である「花祭り」のお面、衣裳、祭具、
古文書や映像資料などを用いて保存伝承する展示施設です。
施設内では花祭りの飾りの“ざぜぢ”作りが体験できます。
東栄町の各地区の花祭りの特徴が分かりやすく展示されています。

■東栄町体験交流館のき山学校
https://www.toeinavi.jp/spots/detail/62/
懐かしい木造の校舎の中には、学校の教室を再現した部屋や、
体験教室、お茶やお菓子が楽しめるCaféのっきぃ、
のき山文庫などがあります。
そのほかにも、東栄町の文化や花祭について知ることができる部屋もあります。

博物館・民芸館・花祭会館

花祭会館の舞庭

博物館・民芸館・花祭会館

詳しく見る

関連記事

関連する情報

キーワード

人気の記事ランキング

特集 SPECIAL

特集

満天の星空の下で音楽を楽しもう!

特集一覧へ

話題のキーワード

東栄町ってどんなとこ?