東栄町のじかん 暮らすように楽しむ 愛知県東栄町観光情報サイト

  • お気に入り
  • 東栄町ってどんなとこ?
  • 旬の特集
  • ホーム
  • ギャラリー
  • ガイドブック
  • アクセス
  • お問合せ
  • MAP
  • 共有

東栄町のじかん 暮らすように楽しむ 愛知県東栄町観光情報サイト

MENU

お気に入り

Search

蔦の渕|奥三河のナイアガラ

町を西から東へ流れる大千瀬川のほぼ中央にかかる蔦の渕は、幅約70メートル、落差約10メートルの大滝です。その雄大な様から「奥三河のナイアガラ」と名づけられています。

愛知県北設楽郡東栄町大字下田付近

差別侵食から形成された“奥三河のナイアガラ”蔦の渕

「蔦の渕」は、町を西から東へ流れる大千瀬川のほぼ中央にかかる、落差約10m、幅約70mの大滝です。この地域でも有名な景勝地で、その雄大な様から「奥三河のナイアガラ」と名づけられています。
「蔦の渕」の滝頭は、柱状節理と呼ばれるマグマが固まってできた堅い安山岩(火成岩)の地層で、滝壷は軟らかい黒色泥岩の地層となっています。軟らかい泥岩は堅い安山岩より早く風化・侵食されるため、削り取られ滝壺となったといわれています。

また蔦の渕には竜神伝説があり、滝壺は竜宮城へ繋がっているとの言い伝えもあります。

蔦の渕を見に行こう!

間近に望む大迫力!「蔦の渕展望台」

とうえい温泉」敷地内から、施設裏手の遊歩道を歩いて約1分のところに、蔦の渕を望む展望台があります。ここからは、迫力ある大滝を間近に見ることができます。
※とうえい温泉が休業中の場合は駐車場へ入ることができない場合があります。
※とうえい温泉営業時間外の敷地内への無断駐車はご遠慮ください。

  • 展望台

    展望台

  • 展望台からの蔦の渕

    展望台からの蔦の渕

滝全景を全身で体感!「蔦の渕右岸駐車場」

とうえい温泉から、川を挟んだ対岸からも滝の全景が見られる場所があります。
とうえい温泉から国道473号線を左方向へ進み、最初に信号(新橋)を左折、橋を渡り終えたあたりで左折し町道を直進していただくと、町道沿いに駐車スペースと看板があります。(Googlemapはこちら)

駐車場から山手に向かう歩道を進むと川辺まで下りることができ、川から上流方向へ歩き進めると、滝の近くまで歩いていくことができます。

※川辺へ降りる遊歩道には、一部滑りやすい箇所、急な階段等があります。足下にご注意の上、不安のある場合はご遠慮いただきますようお願いします。
※本ページは、この場所での川遊び等を推奨するものではありません。

  • 右岸駐車場下からの眺め

    右岸駐車場下からの眺め

  • 駐車場看板

    駐車場看板

スポット詳細

住所〒449-0206
愛知県北設楽郡東栄町大字下田付近
駐車場あり

アクセスMAP

Googleマップで開く

アクセス方法

お車でお越しの方

【鳳来峡 ICから約 20分】三遠南信自動車道『鳳来峡IC』 → 国道151号 → 国道473号  

公共交通機関でお越しの方

[飯田線]東栄駅下車 → [バス]東栄線「本郷」で乗り換え「とうえい温泉前」下車

関連記事

関連する情報

キーワード

遊ぶ

おすすめのイベント

イベント一覧へ

人気の記事ランキング

特集 SPECIAL

特集

東栄町ごはんBOOKダウンロード

特集一覧へ

話題のキーワード

東栄町ってどんなとこ?